会の活動方針について

一度会の方針を確認させていただきます。
当会は、竹富島の自治の回復という観点から住民投票の実現を目指しておりますが、決して、竹富島民以外の竹富町、石垣市にお住まいの皆様のご協力を拒んでいる、またはご協力を仰いでいないということは決してありません。
 
当会としましては、竹富島が90%観光で成り立っている島であり、したがって観光客の意向を無視して島の行方を選択することになれば、島の行く末を見誤ることになること、竹富島は国立公園、伝統的建造物保存地区として竹富島自体が全国的価値をもっていること、そして、竹富島が全国・全国民の癒しの島となり続けたいという想い等から、全国の広く全国からのご意見をお聞きしたで住民が判断する必要があると考え、観光客の皆さんをはじめとした全国民・全世界の声をお聞きさせていただいております。
 
しかし、当会が「観光客」の声のみをお聞きしたいと願っているわけではありません。むしろ、現に、生活環境を共通にしており、また、リゾート開発の功罪について体験されている、竹富町民、石垣市民の皆様の声は、是非、お聞かせいただきたいと考えておりますし、よりしっかりと島民の心に届くはずです。
また、当会は、リゾート開発に反対するという立場から、従前から行政に対する働きかけを行っておりますが、この観点からは、是非とも、竹富町、石垣市にお住まいの皆様方からもお力をお借りできますと大変ありがたいと考えております。
これまでの活動としては、数人の石垣市在住の方々から当会へのご入会を頂き、種々のご協力を頂くにとどまっておりまり、未だ、当会の活動として竹富町、石垣市にお住まいの皆様への働きかけは十分できておりませんが、今後も、同じ八重山諸島の皆様にご助力をお願いできればと考えておりますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。
                              竹富島憲章を生かす会 代表 上間毅

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 竹富島憲章を生かす会 2017 | 竹富島憲章を生かす会 is proudly powered by WordPress and Ani World.